home

テレビやネットのニュースに目を通していると、様々なシーンで目にする機会が増えてきたディープ ラーニング(Deep Learning)という言葉をご存じでしょうか。
わたしもよく耳にするので、知ったような気になっていましたが、実際にはよくわからない状況でした。

ディープ ラーニングは、深層学習という技術の名称みたいです。
簡略化されてDLと表記されるようなケースもあります。
技術的には、ゼロから生まれた技術ではなく、人工知能技術の中のあくまで1つの要素にすぎません。
この技術を使うと、必要なデータ量さえそろっていれば、パソコンを操作する人間の操作がなくても、機械が自動的に判断することができます。
DLが把握している無数のデータの中から、異なる特徴を抽出してくれるディープニューラルネットワークという技術を使用した学習技術が、ディープ ラーニングになります。

この技術を使用するためには、高いスペックのパソコン、そしてGPUが搭載されたパソコンであることが前提条件になります。
M:CPPのクラウドGPUサービスなどを利用すれば、初期投資費用をおさえて利用することができます。
ディープ ラーニングを導入予定の企業の方は、M:CPPのホームページをチェックしましょう。
https://jp.morgenrot.cloud/blog/kinds-of-deep-learning/